アクリルレーシングパーツ販売

レーシングパーツ販売もしております!
レーシングパーツ販売では他では手に入らない当店オリジナルのレーシングパーツをご紹介します。
ライト、特殊ガラス、アクリルガラスなど色々と取り揃えていきます。
お気に入りの商品が御座いましたら御依頼フォームにてご注文下さい。
① 丸型レース用
フレキシブルエアーインレット

↑しまっている状態です

↑開いている状態です

↑はずした状態です
丸型レース用フレキシブルエアーインレット
Aタイプ 80 ◎定価8500円
Bタイプ 95 ◎定価9500円
② レース用
4m/m アクリル曲ゲ加工品

↑正面から見た状態

↑横から見た状態
レース用 4m/m アクリル曲ゲ加工品
◎定価18000~25000円
 
③ レース用ボンネット エアインレット(透明)

レース用ボンネット エアインレット(透明)
◎定価1800円
◎サイズ W50×H220×D20(mm)
④ レース用ボンネット エアインレット(ブラック、ホワイト)


レース用ボンネット エアインレット(ブラック、ホワイト)
◎定価 2000円
⑤ レース用サイドウィンド
フレキシブルエアーインレット

レース用サイドウィンド
フレキシブルエアーインレット

ガラスの交換の作業工程

ガラスの交換
(図1)フロントガラスにヒビ割れ状態
●図1

(図2)フロントガラスをはずした状態
●図2

(図3)フロントガラス装着の為の部品を付ける
●図3

(図4)フロントガラスをボディーに付ける
●図4

(図5)フロントガラス装着の為の作業
●図5

(図6)フロントガラス取付中
●図6

(図7)フロントガラス装着完成
●図7

(図8)完成
●図8

はっ水処理の作業工程

はっ水処理
(図1)作業の妨げになるワイパーアームを取りずし、ウインドーの周囲をマスキング。それができたら、コンパウンドで磨き、油膜を除去する
●図1

(図2)ウインドーに油膜が残っていないことを確認し、コンパウンドをふき取る。下地処理をていねいに行わなくては、仕上がりがよくならない
●図2

(図3)プロショップでしか扱っていないフッ素系のはっ水剤をまんべんなく塗り、その後アルコール系の仕上げ剤を塗る。
●図3

(図4)見てわかるとおり、向かって右側がはっ水処理を行ったもの。半年から一年ほど効果が持続する。特別なメンテナンスなどは不要だ
●図4

ウインドリペアの作業工程

ウインドリペア
(図1)レガシィのフロントガラスに付いた跳ね石によるキズ。四方にヒビも入ってきている。5円玉大までが、リペアのできる目安です
●図1

(図2)キズ部分にリペア用のレジンを注入するための穴をドリルで開ける。すでにキズに入り込んでいる汚れは、残念ながらとれない
●図2

(図3)キズの部分に機械をセット。キズの中の空気を抜きながら、レジンを注入する。ヒビの隅々までレジンを行き渡らせるのだ
●図3

(図4)キズに注入したレジンを硬化させるため、紫外線ランプを10分程度当てる。仕上げ用のレジンを塗って、コンパウンドで磨くと完成 (図5)
●図4

●図5

盗難防止ガラスの作業工程

(図1,2)ステンシルと呼ばれる刻印の為の数字を車体番号順に並べる
●図1

●図2

(図3)オーナーに確認の後、刻印をする場所を特定する。通常は前後と前左右の4箇所
●図3

(図4)刻印にかかる時間は一箇所3~5秒
フロント、リヤー、フロントドアガラス2枚で
14000円 追加1500円
●図4

(図5)刻印はこういう状態
(さりげないシリアルナンバーみたいでカッコいいですよね)
●図5

作業は登録などをあわせても約30分で終了
このガラス4枚を犯人が交換すると30~40万円の損失!
リスクが大きすぎて狙われにくくなるんですね。
もしもの盗難時には提携保険会社から10万円のお見舞金が支給されます。